3分間!ダイエット(チョコマカとよく歩く!) - 神戸で唯一【アレルギー・小顔】専門 炭酸整体のカイロオフィス神戸快癒館 | JR兵庫駅 徒歩3分

カイロオフィス 神戸快癒館

3分間!ダイエット(チョコマカとよく歩く!)

 
 ●チョコマカとよく歩く!
 
とにかくよく歩くようにしたいです。
たとえば通勤や通学で毎日よく歩く。
 
ご近所にでかけるのにも、
チョコマカとよく歩きます。
 
そして休日にも
ウィンドーショッピングなどをしながら歩きます。

そのようにして毎日を過ごしていくと、
 
知らない間に着る服にすき間ができていたり、
「痩せたね」と人から指摘されるようになります。
 
今日からすぐに始められるダイエット法が、
とにかくよく歩くことです。
 
 
●1つだけの変化にとどめる
 
 
何か新しいことを試してみたくなる時があります。
 
そんな場合には、
1つだけの変化にとどめるようにします。
 
たとえば炭水化物の量を変えたり、
運動の時間を長くしたり、
 
新しいサプリメントの摂取を開始したり、
などを同時には行いません。
 
炭水化物の量を変えるのなら、
それだけをするようにします。
 
そうしないと、
何に効果があるのか見定められないからです。
 
色々な事をしたうえで上手くいくと、
それらをずっとし続けなけばならなくなってしまいます。

 

●自分なりのシュチュエーション 

 

  人は誰しも、

  他人よりも見た目で劣っていると感じる所があります。

  顔が大きいかもしれないし、
  ウエストが太いかもしれません。
 
  あるいは脚が短いかもしれないし、
  お尻が大きいかもしれません。
  
  けれども自分の力でどうしようもないことは、
  それが自分の舞台設定です。
 
  そして人それぞれに舞台設定があります。
  そんな舞台設定を受け入れたうえで、
 
  色々な工夫や努力をして、
  ベストの自分に近づいていくのだと思います。
 

 

●食事の品目を増やす

 

ダイエット成功のコツのひとつは、
食事の品目を増やすことです。

調整された量の炭水化物に加えて、
お肉やお魚は欠かせません。

それにワカメスープなどの、
低カロリーの汁物もぜひ加えたいです。

 
葉物野菜によるサラダも手間はかかりますが、
気持ちが豊かになります。
 
またブロッコリーやエノキなどは、
レンジでチンするだけでも十分においしいです。
 
それでも足りなければ、
白滝や寒天などを上手に取り入れます。
 
このように工夫次第で、
ダイエット食も少しゴージャスになりえます。
 

 

●ダイエットのご褒美

 

ダイエットで食事制限をするからこそ、

食べるものが、

より美味しく感じられるという一面があります。

 

好きなものを好きなように食べていると、

何を食べてもあまり美味しく感じられなくなるし、

感動もなくなります。

 

けれどもダイエットのごほうびとして

時々好きなものを食べると、

今まで以上いに美味しいくて感動します。

 

「苦あれば楽あり」という言葉を

肯定的にとらえたいです。

 

●早朝のエクササイズ

 

ダイエットに運動は欠かせませんが、
有酸素運動にせよ無酸素運動にせよ、

 

強度の高いものを行うと、

その後に睡魔におそわれることがあります。

 

早朝のランニングやジム通いなどで、

会社や学校などで、

眠くなってしまってはシャレになりません。

 

なので平日に行う運動は、

早朝に軽めのものを行うとか、

 

運動後に眠くなっても差し支えのない夜に行うなど、

量やタイミングに気を配ることも長続きのコツといえます。

 

●炭水化物を残す

 

ご飯や麺類を食べていて、
「お腹一杯でもう食べれない」と思う時がありますね。

 

けれども多くの場合は、

「もったいない・・・」などと思って、

食べ切ってしまいます。

 

しかし食べたくないというのは、

身体の中のグリコーゲンが満ちている可能性が高いですし、

そんな時には体脂肪が蓄積しやすい傾向にあります。

 

勇気を出して炭水化物を残すことも、

ダイエット的には大切です。

 

●炭水化物の量

 

炭水化物の摂取量を減らすと、
脳がよく回るようになって、
思考力の高まる傾向があります。

逆に炭水化物をふんだんに食べていると、
脳がぼんやりとして物事に集中したり、
考えるのが難しくなったりすることがあります。

普段食べる炭水化物の量を増減させて、
その量をしばらく続けてみると、
いろいろなことが分かってくると思います。

 

●すぐに行動する!

 

どんなものにも,

成功する可能性と失敗する可能性があります。

多くの場合は、
失敗する可能性のほうが圧倒的に多いです。

ですのでさっさと行動を起こして、
一つ一つの可能性を試していきたいです。

過大な期待を抱くのでもなく、失敗にめげるのでもなく、
淡々と可能性をやり潰していきたいです。

そういう毎日を過ごしていくと、
いつしか大きな当たりに出会えると思います。

 

●炭水化物の摂取量を減らせる!

 

食事でタンパク質をしっかり食べるようにすると、
摂取カロリーが自然に減る傾向があります。

タンパク質は食事の満足度を高めてくれるので、
一緒に他の物を沢山食べようという、
気持ちがあまり起らなくなるからです。

炭水化物をたくさん食べる傾向のある人は、
まず食事でお肉やお魚を、
しっかりと食べるようにしてみてください。

自然に炭水化物の摂取量を減らせると思います。



●モデル体型を維持

 

モデルさんのような身体を目指すには、
より厳しい食事制限と運動が欠かせません。

とくに炭水化物の摂取量には気をつけます。

そしてめでたくモデル体型になれた後は、
今度はどうやってその体型をキープするのかという、
新しい課題に直面します。

今まで通りの厳しい食事制限と運動を続けるのか、
少しは体型が戻ってもよいのでダイエットをゆるめるかです。

ずっとモデル体型を維持するとしたら、
それなりの強い気持ちが必要です。

 

●お腹がゆるのは?

ビタミンCを多くとるとお腹がゆるくなります。
マグネシウムもそうですし人工甘味料もそうです。

またMCTオイルなども同じことがいえます。

さらにはアミノ酸も一度に大量にとると、
下痢気味になることがあります。

どれもこれもダイエットには身近なものが多いです。

対策としては少しずつとることです。
分割してとり慣れるにつれて量を増やしていきます。

 

●何事も準備が大切

 

準備をすることは大切です。

そして、できれば準備し尽くしたいです。


すると一つ一つの準備が積み重なって、

それがトコロ天のように押し出されていきます。


押し出された準備がいつしか本番となって、

自然にさまざまなところで成果をあげ始めます。


1つ1つの準備は小さなことばかりなので、

心理的なハードルが低くて行いやすいです。


肩肘をはらずに、

毎日いろいろなことの準備をし尽くしたいです。

—————————————————————-

今年の営業は本日までです。

今年もありがとうございました。

皆様良いお年を迎えて下さい。

年始は1/5(木)からの営業となります。

—————————————————————–

●体脂肪を減らすには

緑茶は体脂肪を減らすことに役立ちます。

お気に入りの飲み物がなかったり、
ジュースからの脱却をはかろうと考えているのなら、
ぜひ緑茶を一日を通じて飲むようにしたいです。

急須で入れてもよいですし、
またペットボトルを買うのも
手間がかからないので長続きしやすいです。

緑茶は甘くないのですが、
独特の深みがあって美味しいです。

また、いろいろな緑茶の味の違いが分かると、
楽しくもなります。

 

●運動選手の減量

 

減量をしなければならないスポーツがあります。

選手たちは当然、、

体重や体脂肪を落とすことに慣れています。

彼らは何か特別な方法をしているわけでは無く、

食事を正して運動を行うという、
ごく当たり前の方法で身体を絞っていきます。

落とす体重の幅が大きかったり若くなければ、

減量の期間をより長く設定します。

また運動や栄養の書籍なども読んで、

情報収集にも念がありません。

 

●まずは始める

 

摂取カロリーを控え目にして、

日常的に運動を行うことで体脂肪は減っていきます。

そのうえで色々な問題に遭遇します。

筋肉が減ってしまって代謝が落ちたとか、
同じ食事ばかりなので過食してしまったとか、

食物繊維が不足しがちで便秘がひどいとか、
会食では食事がコントロールできないので困るとか…。

どれだけ準備をしても情報収集をしても、
それらは事前には分かりません。

もし問題が発生したら、
その都度解決を計るだけです。

ダイエットは始めてみることが第一です。

 

●便通の改善には

 

便通の改善はないがしろにできません。
そこで試してみたいのがゼラチンです。

うまくいけば、便をモリモリと出せるようになります。

通販で製菓用の安いものなどが手に入るので、
だいたい一日に10グラムぐらいを分割して摂取してみます。

お口のなかでモサモサするので、
水分は十分にとるようにします。

またゼラチンはコラーゲンの生成にも役立つので、
お肌が美しくなることも期待できます。
 

 

●コーヒーダイエット

 

有酸素運動や無酸素運動の前に
ブラックコーヒーを飲むとダイエットに役立ちます。

覚醒効果で集中力が増したり、
より強い筋力が発揮できたりします。

また脂肪の燃焼の効率も高まります。
当然ですが次第にそのような効果も薄れてきます。

とくに覚醒効果は低下しやすいですが、


48時間ほどコーヒーをとらない期間をもうけると、
ふたたび覚醒の度合いがつよくなります。

 

● ケースバイケース

裸になって美しいボディーを目指そうとすると、
ダイエットもかなり厳しいものになります。

けれども服を着て美しい身体であれば、
厳しいダイエットをしなくても実現は可能です。

また、身長があれば少しくらい体脂肪がついていても
目立ちにくいですし、

服装を研究してシルエットを美しく見せることができれば、
人々にスマートな印象を与えることもできます。

それなりに日々のダイエットをこなしつつも、
役立ちそうなことは色々ととり入れていきたいです。

 

●魚のアブラ

 

魚のアブラは、

体脂肪を付きにくくしてくれる等の働きがあるので、

ダイエットを意識するのなら、ぜひ摂りたいです。

 

よく耳にするEPAやDHAなどのサプリメントを、

摂取するのも効果的ですが、
青魚を週に2、3回くらい食べるようにしても摂取できます。


イワシ、アジ、サンマ、サバなどは、

好き嫌いのありがちな青魚ですが、

ぜひ積極的に食べるようにしたいです。

 

●年齢に応じて


年齢があがるとともに代謝は落ちていきます。

ですので20代の頃よりも30代、40代…と
ダイエットは難しくなっていきます。

20代の頃は炭水化物を食べながらでも

スムーズに体脂肪が落とせていた人でも、

加齢と共に炭水化物の量を減らして調整をしなくては、

成果が出せなくなっていきます。

誰でもそういった傾向はありますので、

そういうものだと割り切りたいです。



●炭酸飲料

ダイエット中に重宝するのが、

ゼロキロカロリーの炭酸飲料です。


甘いものへの欲求を満たしたり、
空腹感を紛らわせてくれるので人気があります。

ただ人によっては、
お腹に入った炭酸がなかなか抜けない場合があります。

体調を著しく崩してしまう人もいるので、
その点には注意をしたいです。

ダイエット中は下腹部がポッコリと出やすい傾向があります。
食物繊維不足で便通の滞るのが主な原因です。

炭酸でお腹が張るとさらに苦しくなるので、
自分が炭酸飲料に強いかどうかにも気を配りたいです。

 

 

 ●就寝前の腹具合


夕食を食べ過ぎてお腹が苦しい、

寝るときに横になっても苦しい…。


そのような状態で眠ると、

翌朝の排便がうまくいきません。


カラダは消化吸収に忙しくて、

便を作る、便を出す準備にまで手が回らないからです。

 

逆に小腹が空いたくらいで眠ると、
翌朝に快便となる可能性が高くなります。

 

眠る前の腹具合にもと敏感になりたいです。




● ホエイプロテイン


ダイエットを続けていると、
どうしても疲労がたまってきます。

そんな時にもプロテインが使えます。

とくにいま主流の
ホエイプロテインの疲労回復効果をうまく活用したいです。

摂取するタイミングは、
運動の直後や間食や就寝前などです。

ダイエット中は一日の摂取カロリーがおさえられているので、
常識的な摂取量であれば太るということもありません。

おまけに、
肌や髪がきれいになる効果も期待できます。

 

●有酸素運動

有酸素運動は、
体脂肪を燃焼させるダイナミックな運動です。

効果的に行なうタイミングは、

直近の食事から時間が経過してからです。

具体的には起床直後や夕食前などです。

血液中の糖分が減っているので、

脂肪がエネルギーとして使われやすいからです。

もし運動中に低血糖になるのが心配なら、

飴を携帯しておくと安心です。

 

●顔つきが変わる

太ると顔つきが変わります。

明らかに変わらなくても、
輪郭がぼやけて見えるのです。

まぶた、鼻、唇、頬、額、頭皮や首の後ろまで、
少しずつ脂肪がつくので顔の形は微妙に変わります。

一つ一つの変化は微細でも、
全体として見れば顔のもつ雰囲気は違ってきてしまいます。

逆にダイエットを始めると反対のことが起こるので、

少しずつ顔のもつ雰囲気が変わって、
洗練された顔つきになっていきます。

 

●毎日が快調? 

毎日が快調というわけには行きません。

体調が優れなかったり、
気分が良くないときもよくあります。

そんな時にも、
60点くらいをキープすることです。

悪いなりに何とか踏みと
どまって
及第点はとることです。

条件や体調が整った時に
は、
90点・100点をねらいます。

いつも絶好調ということは無いので、
その時の体調に合わせて調整してみましょう。

 

●貴方なりに微調整

ダイエットではこまめに水を飲んだり、
繊維質の野菜をたくさんとったり、

タンパク質をしっかりと食べることなどが大切です。
しかし、どうしても体質的に合わないことがあります。

それを無理に強いると、
苦しかったり便通がとどこおったり、
気分が優れなかったりする人もいます。

ダイエットにおいては絶対と言えるものはないので、
絶えず自分流の微調整は欠かせません。

少し試して合わないようであれば、
止める決心も時には必要だと思います。

 

● 宝のデーター

ダイエット中は毎朝、
体重をはかるようにしたいです。

体重計の数字は、その日のむくみ具合、
便通の良し悪しや前夜に入浴したかどうか…
などによって動くもので幅のあるものです。

わずか1日2日の数字には、
あまり意味がありません。

しかし体重の記録が数週間、
数ヶ月とたまってくると話は違てきます。

そこから読み取れるものが、
いろいろと増えてくるからっです。

もし数年分たまったら、
大変な宝のデーターとなりえます。

 

●意外な理由から

料理の時に使用する油などにも、
十分に気をつけたいです。

計量スプーンではかったり、
テフロンのフライパンなどを使って、
なるべく繊細に油を使うようにします。

自分は十分に気をつけているつもりでも、
料理を作ってくれる人が、
大ざっぱな使い方をしていることがあります。

フライパンで炒めものをするときに、
目分量で油を大量に使うお母さんも実際にいます。

意外な理由から知らない間に、
高カロリーを摂取しているかもしれません。

 

● 身体の水分代謝

身体の水分代謝をよくするには、
いろいろな方法があります。

半身浴でしっかりと汗を出したり、
カリウムの多い野菜をひんぱんに食べたり、
たんぽぽコーヒーを飲んだりです。

空腹どきにチビリチビリと水を飲み続けて、
量をこなすことも有効です。

食べ過ぎを止めて便通をよくすると、
尿の排出がスムーズにもなります。

そのようにして水分代謝がよくなってくると、
顔のアゴのラインがすっきりとしてくるし、

お尻や太ももがサイズダウンすることも有ります。

 

● 小さな行動

 
種を蒔いてから、
芽吹くまでには時間がかかります。

なるべく早く蒔き始めたいです。
種とは自分が起こす小さな行動のことです。

必要に迫られてから種を蒔いても、

どれだけ焦って、どれだけ頑張っても、
芽吹くまでには時間がかかります。

できれば毎日イロイロな種タネを、
蒔くようにしたいです。

そうやって地道に種を蒔き続けていると、
色々なものに対する不安や恐れも、
少しずつ小さくなっていきます。

 

● ダエットの味方

過食の習慣がなかなか収まらない場合には、
食事の最初にキャベツを食べる方法があります。

お皿に刻んだ山盛りのキャベツをまず食べて、
それから、おかずやご飯にうつります。

キャベツでお腹がふくれているので、
なかなかその後の食事が食べられません。

キャベツ自体のカロリーは知れたものなので、
摂取カロリーが増えすぎる心配もありません。

さらに思いがけないオマケとて、
便通がよくなることがあります。

キャベツもうまく使って、
ダエットの味方にしてみてください。

 

● グリコーゲン

炭水化物を食べると、
肝臓や筋肉などにグリコーゲンが貯められます。

1グラムのグリコーゲンは、
約2.7グラムの水分を同時に貯めこみます。

なので炭水化物をたくさん食べると、

筋肉がつよく張るのが感じられるし、
体重も2~3キロは簡単に増えたりします。

逆に食事制限で炭水化物を減らしたり、
運動をしてグリコーゲンを消費すると、

グリコーゲンと共に水分も抜けるので、
2~キロの体重は簡単に減ったりします。

このように炭水化物によって、
意外に体重はうごいています。

 

●変わったダイエット法

炭水化物をゼロにして、
タンパク質の肉や魚を好きなだけ食べたとします。

それでダイエットが捗るかといえば、
なかなか難しいと思われます。

タンパク質も食べ過ぎれば、
体脂肪として蓄積されるからです。

何を食べるにしても
無制限に食べてよいということはなく、
常識の範囲内でという暗黙の約束があります。

もし変わったダイエット法に出会ったときには、
その観点から考えてみてください。

 

● トレーニングでの怪我

ダイエットにトレーニングは欠かせませんが、
体を痛めてしまうこともよく有ります。

そんな時には、
種目を変えてしまいたいです。

騙し騙し続けていてもなかなか治らないし、
怪我を生涯ずっと背負ってしまうこともありえます。

ジョギングなどで膝を痛めてしまったら、
水泳に変えたりします。

有酸素運動自体を止めてしまって、
無酸素運動である筋力トレー二ングを始めたりします。

考えれば方法はいくらでもあります。

無理をして怪我を長引かせることは、
極力避けるようにしたいです。

 

●継続させるには

ウォーキングがおすすめなのは、
外出するその瞬間から始められます。

スポーツジムに通うにしても、
近所や通勤・通学の途中にあるジムであれば、

わざわざ行くという、
気持ちはあまり必要ありません。

これらは単なる一例ですが、
ダイエットは時間が掛るので、

楽して継続できるように、
至る所に工夫をこらしたいです。

必ずやる気の出ない時は必ず訪れます。

そんな時にもそれなりに続けることが、
ダイエットを成功させる条件です。

 

● 糖質が少ない食材

チーズは意外に糖質が少ない食材で、
普通に売っているプロセスチーズでも、

1個あたりの糖質が0.1グラムとか、
0.4グラムのものが割と簡単に手に入ります。

ダイエット中に小腹の空いた時に、
チーズも食べるのも一つの方法です。

チーズはコクのある食べ物なので、
1つ食べるだけでも満足感があります。

ダイエット中のバリエーションとして、
チーズをうまく活用してみてください。

 

● 食事 のタイミング

ウエイト・トレーニング後は、

食べた炭水化物が筋肉に、
取り込まれやすくなっています。

そのタイミングで食べたものは、
脂肪として蓄積されにくくなります。

時間でいうと、およそ2
~3時間くらいです。
もしあまり体脂肪をつけたくないのなら、

ウエイト・
トレーニングをした後に、
食事をする習慣をつくるのも一つの方
法です。

 

●日本人むきでは無い方法

油分多く摂るダイエット方法がありますが、
炭水化物の摂取量をかなり控えめにします。

油分と炭水化物を同時にたくさん摂ると、
効率よく体脂肪がついてしまうからです。

たとえばサーロインステーキを食べながら
白米を食べるなどです。

炭水化物を減らしたとしても、
油分を多く摂っているとあまりお腹は減りません。

ただ日本には油分を多く摂ることには
慣れていない人がおおいので、

日本人むきでは無い、
ダイエット方法だと思います。

 

● 炭水化物の摂取量

体質や減らす量にもよりますが、

炭水化物の摂取量を制限すると、
ダイエット以外でも恩恵が得られることがあります。

それは、頭脳が非常に明晰になることです。
本などを読むとよく分かるのですが、

今までよりも理解度が増して、
読むスピードが速まったりします。

脳が回転が速くなったという体感が得られます。

また、炭水化物を食べ過ぎていると、
慢性的な疲れに陥っている事がよくあります。

そのような場合にも炭水化物の摂取量を減らすと、
「あれ?」と思うほど体調が良くなることがあります。

 

● ダイエットと便通

私たちが一日に便意を感じるのは数回です。

そのチャンスをうまく活かせないと、
なかなか排便しづらくなります。

ダイエットと便通は密接に結びついています。

便通が良くなるとダイエットが進むように感じられ、
そして気分自体も良くなります。

仕事や勉強や家事などをさしおいても、
自分のトイレタイムを優先させたいです。

トイレの時間を他の物事の犠牲にするのは、
できるだけ止めたいです。

 

● 目的ごとの食事

筋力トレーニングで、
利用されるエネルギーの源は炭水化物です。

炭水化物を食べてトレーニングに臨む、

重いダンベルやバーベルが持ち上がるようになり、
筋肉も付いていきます。

同時に体脂肪も少しずつ付いていきます。

ダイエット目的で筋力トレーニングをする時には、
食べる炭水化物の量をセーブします。

使用重量が増えたり、
筋肉が付いたりはしにくくなりますが、

体脂肪が少しずつ落ちていき、
体がシェイプアップされてきます。

一口に筋トレといっても、
目的によって食事の内容も変えていきます。



● 野菜を調理


ダイエット中でも、
糖質の少ない野菜はとくに安心して食べられます。


具体的にはブロッコリー、はくさい、レタス、ゴーヤ、
せり、ほうれんそう等は含まれる糖質が少ないです。


意外に身近な野菜にもたくさんあって、
スーパーなどでも普通に買えるものばかりです。

ダイエットメニューに迷ったら、
このような野菜を調理をするのも一つの方法です。

 

●卵料理

ダイエット中に役立つ卵料理はゆで卵です。

固くゆでたものは大変に消化吸収がスローなので、
なかなかお腹が減りません。

食事の一品に加えてみると、
その効果が体感できるはずです。

卵はタンパク質が豊富で、
良質の脂質も含んでいます。

ダイエット中にも、
ぜひ積極的に取り入れたいお勧めの食材です。


卵料理で消化吸収がとても早いのが温泉卵で、
お腹にもたれることはまれだと思います。

 

●小腹が空いが空いた時

ダイエット中には、
小腹が空いて眠りにくい時があります。

そんな時にはタンパク質を食べたいです。
タンパク質であれば太ることがありません。

具体的にはマグロの赤身や鶏のササミなどです。

もちろん食べ過ぎはよくありませんが、

150グラムほどであれば食べ応えもあり、
お腹も落ち着くはずです。

寝る前の炭水化物は、
ダイエット的には最悪なので避けたいです。

 

● 失敗の連続

むくんだり、便秘になったり、リバウンドしたり、
キレて過食したりとダイエットは失敗の連続です。

どんな失敗も1回目には絶望するほど苦しんだり、
悲しんだりしますが
不思議なことに2回目からは慣れてきます。

最大の失敗であるはずのリバウンドすら、
回数を重ねるたびに余裕が出てきます。

それは経験を重ねることで、
どう対処したらよいかが分かってくるからです。

もしはじめての失敗に遭遇したら、
逃げずにしっかりと失敗に向き合いたいです。

そうすることで経験が豊富な、
上級のダイエッターになれます。

 

● 考えて食べたい野菜

芋、にんじん、玉ねぎなどは、
しっかりとしたカロリーを持っているので、
ダイエット中には考えて食べたい野菜です。

きゅうり、トマト、ピーマン、葉物野菜などは、
低カロリーでそのほとんどが水分なので、
安心して食べられるものです。

トマトは若干のカロリーと糖質を含みますが、
ダイエットには役立つので積極的に食べたいです。

できれば食品成分表を買って
パラパラと調べる習慣を身につけられればベストです。

 

● コツコツと積み上げる

焦って行った事はいつか戻ってきて、
やり直さなければならなくなります。

反対に一つずつ着実に積み上げたものは、

最初はもどかしくて物足りないのですが、
積み上がるにつれて充実感が大きくなっていきます。

そして次第にそれに見合った
成果を生み出せるようになります。

コツコツと積み上げるのは、
最初がとくにツライです。

そこで手を抜かなかった人は、
後々おおきな喜びに包まれると思います。

 

● 必ず100回は噛む

単純だけれども、
ダイエットに役立つおこないがあります。

それはも
のを食べるときに、
必ず100回は噛むようにすることです。

ご飯や
おかずを口の中に入れて100回かめば、
原形をとどめないくらいに
グチャグチャに変わります。

そして時間もそれなりにかかるので、
制的に食事のスピードが落ちるし、
お腹も膨れやすくなります。

気持
ち一つで始められますが、
身につけられる人は多くはありま
せん。

スポーツ選手でも、
基本的な事として取り入れている人
もいます。

 

● オリジナルな物

もし太ってしまったら、
すぐに食生活と運動を見直します。

たとえ自分の今までの経験に
基ずいたやり方であったり、

本やネットで学んだ最新の情報であったり、
信頼できる人から教わった方法であってもです。

体脂肪が増えてしまったという現実を受け入れて、
今のやり方を直ちに修正しなければなりません。

身体は年齢や環境によって常に変わりうるし、
他人とは違う自分だけのオリジナルな物です。

そんな身体のためのダイエットなので、
やり方もその都度変えるのが自然です。

 

● 理想の形にする

筋トレと聞くと、
マイナスのイメージを持ってしまう人も多いです。

できればその考え方をちょっと変えて、
自分のカラダを好きなように、
デザインする方法だと思い直したいです。

必ずしも全身をトレーニングする必要はありません。

スポーツ好きの男性であっても、
脚が太くなるのは嫌だから、
上半身だけをトレーニングしている人もけっこういます。

ですので腕、胸、お尻だけといった、
自分の好きな部位だけを
理想の形にするのも筋トレです。

 

● 最も効率のよい方法

エットにおいて100%の完璧さを目指すと、
日々の生活がかなり苦しくなります。

真面目で頑張り屋さんほどそうなりがちです。

そこでできれば70~80%程度の達成度で
満足するようにしたいです。

ただ大切なポイントをおさえた上で、
最も効率のよい方法を選ぶようにします。

ダイエットは自分だけの話ですが、
必ずろいろな物事や人が絡んできます。

完璧な100%のダイエトを目指すと、
人として孤立しかねません。

 

●速く歩く 

ダイエットに役立つ運動をしたいのだけれども、
なかなかその気になれないことがあります。

そんなときには、
とりあえず速く歩いてみたいです。

スピードウォーキングという言葉を、
意識する必要もありません。


毎日いろいろなシーンで歩くと思います。

そのスピードを一段階、
自分なりに速めてみるのです。

やってみると分かるのですが、
思うほど楽ではありません。

この習慣をつけることによって、
体がかなり活性化し始めます。

 

●顔つき

局所的に体脂肪が付く
ということは、あまりありません。

背中や腕に体脂肪がついてきたのなら、
顔にも付きはじめています。

そして体脂肪が増えれば、
顔つきもそれにつれて変わっていきます。

それは誰にでも言えることです。

顔の体脂肪が増えても減っても、
顔つきは変わります。

別人のように変わる人もいるし、
あまり変わらない人もいます。

 

●筋力トレーニング

筋力トレーニングを行って、

タンパク質をきちんと食べるようにすると、
自然に筋肉が増えていきます。

見た目はあまり変わらなくても、
体の内部で筋肉が増えていきます。

劇的に痩せることは稀ですが、
自然に太りにくい身体へと変わっていきます。

年齢とともに「最近太りやすくなった」

と感じているのなら、
筋力トレーニングがおすすめです。

「最近太りやすくなった」という部分を
消すことができると思います。

 

●炭水化物の摂取量

炭水化物をたくさん食べていると、

頭がボーッとしたり体が重かったり、
気分がすぐれなかったりすることがあります。

そんな人が何かのきっかけで、
炭水化物の摂取量を減らすと、

もの凄く頭が回るようになったり、
体が快調になったり気分が晴れ晴れしたりします。

ダイエットだけではなくて、

炭水化物の摂取量を減らすことには、
そのような効果があったりもします。

何をどれくらい食べるかは、
驚くほど私たちの生活に結びついています。


● 焦らない

すぐに結果を出したい一心で
ダイエットを焦ると無茶をしがちです。

極端な食事制限をしたり、

過度の運動をしたりして体を壊したり、
怪我をすることもよくあります。

後になって振り返ってみると、
無茶なダイエットが原因で負った

不健康や怪我のほうが、
長期にわたって自分を苦しめることが多いです。

基本的にダイエットに無茶は効かないし、

もし効いたとしても、
若くて体が強いごく一時期だけです。

長期目線で健康をおもんじる
ダイエットの方が絶対にお得です。

 

● 効果的にする方法

エクササイズを、
もの凄く効果的にする方法があります。

それは何かと
いうと・・・

動作中にその狙っている部位を
ずっと意識しつづけることで
す。

たとえばお尻を引き締めたいのなら、

お尻をずっと意識しつづけ
ながら、
お尻のエクササイズを行います。

理想のお尻の形を思い浮か
べながら、
お尻を動かします。

これが簡単なようで、
実はもの凄く難
しいのです。

多くの場合は動かし始めたとたん、

お尻の形のことなど
は、
頭の中からどこかへ飛んでいってしまうのです。

 

● プロポーションが向上

特に体重が減ったり、
体脂肪が落ちたわけでもないのに、

プロポーションが良くなったと、
人から褒められる場合があります。

それは「筋肉」がついたからです。

筋肉がつくと出るところが出るので、
それ以外のところが目の錯覚でへこんだように見えます。


するとくびれができたように感じられて、
プロポーションが向上したように見えるのです。

つくべきところに筋肉をつけるこも、
ルックスを向上させるには大切です。

 

● ルーチンワーク 

ダイエット的な行動は、
そのほとんどがルーチンワークです。

運動でも食事でも、
決まり切ったことがらを淡々と続けていきます。

そのルーチンワークに浸りきっている時には、
「こんな事のくり返しでよいのかな?」と
疑問を持つことがあります。

でも一度そのルーチンワークを止めてしまうと、
すみやかにその習慣は失われます。

そして元に復帰させようとすると、
想像以上の苦労がともないます。

とても大切なルーチンワークです。

● 炭水化物の食べ方


筋力トレーニングをするときには、
炭水化物は控えめにします。

そうすることで、
体脂肪を減らしてシェイプアップさせられます。

逆に筋力をアップさせたり、
筋肉を増やしていきたいときには、

しっかりと炭水化物をとるようにします。

そして体にグリコーゲンを満たしてから、
トレーニングにのぞむと、

より重いものを持ち上げられるようになるし、
持ち上げられる回数もドンドンと増えていきます。

自分が何を望むかによって、
炭水化物の食べ方も違ってきます。

 

● 早く手を付ける

気分が乗らなかったり、

忙しかったり面倒だったりして、
物事を「やらない」事があります。

やがて「やらない」が
「やれない」に変わってしまいます。

さらに「やれない」が
「出来ない」に変化してしまいます。

出来なくなったものを挽回するのは、
ものすごく大変です。

中味の濃さや完璧さなどを求めて躊躇するよりも、
とりあえず早く手を付けることも大切です。

 

●中鎖脂肪酸

ダイエットで炭水化物をたくさん減らすときに、
MTCオイルを代わりに摂取する場合があります。

MCTオイルは中鎖脂肪酸とも呼ばれ、
とてもエネルギー化しやすいものです。

このMCTオイルが、

体内で燃焼して利用されることに誘引されて、
体脂肪の燃焼もすすませることができます。

これは炭水化物の摂取量を減らさないと、
なかなか実現できません。

炭水化物の量を減らすことで、
違ったダイエット法がひらけてきます。

 

● 顔も背中も

自分ではなかなか気づきませんが、
太ると背中にも脂肪はついていきます。

つまむとボリュームがあって、
皮膚も厚く感じられます。

ただ直接、自分の目で見えないし、
服を着るので他人にも見られません。

一方でその背中と同じように、
太ると顔にも脂肪がついていきます。

つまむとボリュームがあって、肉々しいです。

そして当然のことながら、
顔は露出をしているので、

自分で鏡などで見ることもできるし、
他人にも常に見られます。

認識の差はあるのですが、
顔も背中も同じように太っていっています。

 

● 脂質の多い食事

アブラは消化吸収をスローにします。

ですので脂質の多い食事をすると、
なかなかお腹が減りません。

脂質は糖質やタンパク質に比べると、
1グラムあたりのカロリーが高いので、
ダイエッターには嫌われることが多いです。

けれども、この腹持ちの良さをうまく使うと、
空腹感のない食事制限を行うことができます。

ただ糖質と脂質を一緒にとると、
体脂肪として蓄積されやすいので、
その点には注意をしたいです。

 

● このタイミング

筋力トレーニングを終えてからの2~3時間は、
筋肉への糖の取り込みが非常に活発になっています。

このタイミングで食事をすると体脂肪になりにくいです。
トレーニング直後は、シャワーを浴びたり、

おしゃべりをしたり、どこかに立ち寄ったりと、
意外に時間を使ってしまいがちです。

できるだけこの2~3時間の間に、
食事が終えられるように意識したいです。

 

●簡単な事

今の自分にできる、
簡単なことをやり尽くしたいです。

トイレの便座を拭くとか、
机の引出の中を整理するとか、

パソコンの中のいらないファイルを削除するとか、
読みたかった本をネットで注文するとか…です。

そのようにして

簡単なことをこなしていくうちに、
なぜだか次第に気持ちが満ち満ちてきます。

そしてより難易度の高いことに、
自然にチャレンジしたくなってきます。

もし毎日がうまくいっていないと感じたら、
簡単なことをやり尽くしてみてください。

 

● 鶏の胸肉

鶏の胸肉に含まれるアミノ酸は、

疲労に効くので、
運動選手でも意識的に食べたりします。

減量中は牛の赤身が定番なのですが、
三食の中の一食を鶏の胸肉に代えたりしています。

どうしても疲労が蓄積してきます。

そんなときには、
いちど鶏の胸肉を試してみたいです。

カロリーも低いし、
タンパク質も豊富だしお値段も安いです。

胸肉の皮は剥いでください。

 

●現実的なダイエット

ある日を境にして、
突然太ったように感じることがあります。

しかし私たちが感じられていないだけで、
脂肪は少しずつ少しずつ体に付いていくものです。

ですのでダイエットでも、
それなりに時間をかけて、
少しずつ脂肪を落としていくのが自然です。

たとえ有酸素運動を
一気に3~4時間くらい行ったとしても、
見た目として脂肪がごっそりと減るものではありません。

有酸素運動を毎日継続して、
それが習慣となって何も感じなくなった頃に

「あれ?脂肪が減っている」と
気づくのが現実的なダイエットです。

 

● 原因を追及

太ってしまったときは、
とことんその原因を追及したいです。

日数をかけて過去の自分の行いや、
それにともなう結果を見つめ続けます。

最初は分からないことだらけなのですが、
次第に自分の失敗の原因があきらかになってきます。

原因を排除するための決心をしたいです。

「早朝ウォーキングを始める」とか、
「夕食の白米を一膳にする」とか、
「15時のおやつを止める」などです。

決心をするまではツライですが、
一度決心すれば気持ちは楽ににります。

なぜか清々しい気持ちになるし、
やる気も体の芯から噴き出してきます。

 

● 即行動

どんなことでも、
早く始めてしまいたいです。

始めてしまったらあとは特に急ぎません。

マイペースで十分ですし、
時には、さぼったりするのもアリでしょう。

だからそのぶん早く着手をしたいです。

そして万遍なく色々なことを始めていくうちに、
自然に色々なことで成果があがりはじめます。

決して焦りはしませんが、
そのぶん早く始めるようにしたいです。

 

● 下半身の悩み

下半身をシェイプアップさせたいのなら、

スクワットやウォーキングランジといった
エクササイズがとても有効です。

普段の生活ではありえないような刺激を、
きっちりとお尻や太ももに与えられるからです。

下半身のことで悩みがあるのなら、

ジムなどでそれらの種目に取り組むことで、
自分のスタイルを改善していくことができます。

ちょっとした勇気と行動が、
現状を打開しくれます。

 

● 体脂肪

体脂肪がついて太ってしまうことはよくあるので、
必要以上に落ち込まないようにしたいです。

どれだけ運動をしていて、
食事に気をつけていても起こりえることだからです。

そして「太った」とか「スタイルが崩れた」とか、

おおっぴらに言う人はあまりいないので、
他人がそうであるとはなかなか分からないだけです。

もし体脂肪が増えてしまったら、
またいつものダイエットに熱心にとり組むだけです。

● 食事にキノコ

キノコ類を食事に加えると、

バリエーションも増えるし、
それにけっ こう美味しいです。

もし調理を面倒に感じるのなら、
電子レンジでチ ンして、

塩こしょうをふりかけるだけでも、
それなりに美味しく食べ られます。

キノコはお値段も安いし、

お腹もふくれるし、
お通じもよ くなる可能性があります。

けっこうキノコに、
ハマってしまう人も多 いと思います。

 

● 効率のよい方法

ジムに通って筋トレや有酸素運動に励むだけでは、
ダイエッ トが捗らないことがあります。

やはり食事も一緒に整えていか ないと、
運動だけでは効果が出にくいです。

たしかに運動の強度を高 めたり、
時間を長くしたりして、
強力にダイエットを進める方法もあ ります。

しかし、時間やコストの制約もあるし、
モチベーションの維 持も大変です。

運動すると共に、
食事の量を減らして調整するのが、
もっとも効率のよい方法です。

 

●やり過ぎ

運動はやり過ぎによるは、
やり足りない方がまだましです。

やり過ぎて怪我に繋がる事も有りますし、
怪我をしたら回復に時間も労力も掛ります。

場合によって、回復しない事も有るります。
しかしやり足りない場合は、

効果が出無い事も有りますが、
怪我をする危険性は有りません。

少しずつ強度を増やせば、
やがて最適な状態へとたどり着けます。

まじめな人に、
やり過ぎる傾向が有るので注意しましょう。

 

● 新しい事を始める

ダイエットでも運動でもそうですが、
新しい事を始めると俄然たのしくなります。

なじみの方法には安心感がありますが、
そこにはつまらなさもあります。

そこでちょっと怖いけれども、
新しい方法や、やり方にチャレンジをしてみます。

もちろん失敗することもあるけれど、
今までにない体験や結果が出て楽しくなります。

もし毎日がつまらないと感じたら、
新しいことを始めるタイミングなのかもしれません。

 

● コントロール

大ざっぱさを無くすと
うまく行くことが増えます。

どういう事かと言うと、

意識がそこまで及んでいないので、
コントロールが出来てないということです。

ですのでダイエットでは、
できるだけ丁寧さを心がけたいです。

食事もエクササイズも、
そして日々の人間関係においてもです。

道徳的に正しいからというよりも、

丁寧に行うことで色々な事柄が、
コントロールができるようになるからです。

 

● スクワット

スクワットは下半身のシェイプアップに効果的です。
そのスクワットをうまく行う簡単なコツがあります。

それは立ち上がるときに、
かかとで床を押し込むイメージを持つことです。

すると、
ふくらはぎからお尻にかけてのラインを
うまく刺激できるようになります。

ちょっとした意識の持ち方だけなのですが、
それだけで動きが全然ちがってきます。

 

 

 

 

 

 



 

 

この記事を共有する

神戸で唯一の炭酸整体 カーボニック・カイロ 

快癒館式カーボニック・カイロとは?

動かなかった、アナタの関節を速効で柔軟に!
凝り固まった深層筋にまで瞬間アプローチ
アナタの身体を筋肉からアンチエイジング
アトピーや花粉症などのアレルギーも克服!
全身体に負担を掛けない施術
各TV、雑誌など多数のメディアに掲載
兵庫駅より徒歩3分完全予約制待ち時間なし
土曜.日曜.祝日にも対応!平日は19時まで受付