・患者さん

30歳代 女性 事務仕事。

慢性の左腰痛があり、
最近に左足が痛くなってきた。

乳児の時に股関節脱臼をしている。
レントゲンで浅いと言われている。

・症状と結果

左足が40mm短く背骨の生理湾曲が少ない。
左股関節と左足の筋肉が硬直している。

2回目 7日後

腰も足も3日目ぐらいから楽になりました。

・あとがき

足底板を5mm使ってもらいました。

5mmあると中敷きでは難しいので
底に使用してもらいました。

いきなり5mmは大きいのですが、
違和感を感じてなかったので

使ってもらったところ、
2日ほど筋肉の張りがあったようです。

2回目の時には足の筋肉の張りもなく、
痛みの再発もありませんでした。

足の脱臼の原因は、
おばあさんが宗教の関係の所に連れて行った時に、

「女の子だから、
足を伸ばしてまっすぐにしなくては」と、

引っ張った時に左股関節が脱臼したそうで、
おばあちゃんから話を聞いていたそうです。
(何ちゅう事をしとるんや[E:shock])